オンライン 家庭教師 おすすめ 理由

オンライン家庭教師をおすすめする理由

 

困難に打ち勝つために、オンライン技術は非常に身近なものとなりました。その結果、『便利』なだけでなく『合理性』を得た分野も少なくありません

 

 

『家庭教師』もその中のひとつでしょう。

 

 

もちろん、『家庭教師』をオンライン化することはメリットばかりがあるわけではありません。デメリットもあります。

 

 

技術的に工夫すればカバーできるものから、そうではないものまであります。

 

 

しかし、そんなデメリットよりもはるかに多いメリットがあるということに気づく人が多くなってきました

 

 

そうである以上は、今の流れのまま進んでいくでしょう。

 

 

オンライン家庭教師をおすすめする理由01

 

【参考】
オンライン家庭教師について詳しく知りたい!
家庭教師もオンラインの時代

 

 

そして今後は、旧来のやり方ではなく新しい仕組みやサービスに対応し賢く利用できる人が『得』をするようになっていきます

 

 

なぜなら、さきほど『得』という言葉を使ったように、家庭教師といった『学習ツールのオンライン化』はより鮮明な『学習環境』による格差を生むようになるからです。

 

 

わかりやすい例を1つだけあげると、『オンライン家庭教師は通塾の時間を必要とせず、また家庭教師も訪問する必要がないため日本全国から教師選びができるうえスケジューリングもよりタイトなものまで融通が利くようになる』といったことです。

 

 

これは、『塾通いよりもより学習できる時間を生徒は得られますし、より相性の良い先生や優秀な先生をどこに住んでいても確保できるようなる』ということに他なりません。

 

 

学習ツールとして『オンライン家庭教師』を使うとあきらかなメリットを得られるということは、この例ひとつだけでもご理解いただけることと思います。

 

 

【参考】
オンライン家庭教師の『あきらかな』メリットとは?
→ オンライン家庭教師 2つのデメリットと7つのメリット

 

 

 

なぜ、オンライン家庭教師なのか

 

あらゆることでオンライン化が試行錯誤されたことで、一つの結論が出ています。

 

 

それは、旧態のシステムは非常に非合理的であったということです

 

 

我々大人の経済活動においてもそうであったし、子供たちへの教育においてもそうだったと言わざるを得ません。

 

 

オンライン家庭教師をおすすめする理由02

 

 

学校から塾に子供たちの学力向上の場が移って久しいですが、このたび学習ツールにおいてもオンライン化が進んだことで、これからの学習環境の常識は更に変わってくると思います

 

 

これは、もう避けることはできません。

 

 

なぜなら、そもそも技術的にカバーできるのに通塾していたということが明白になり通塾時間が無駄になっていたということがわかってしまいましたし、経済不安で日ごとに治安が悪化していく未来が見えている以上、日が暮れて安全とはいいがたい時間帯に子供だけを外出させてもいいだろうかという問題も出てくるからです。

 

 

これにより、今すぐではないでしょうが『学校が終わったあと夜遅くまで塾に行く』という選択をするご家庭は減っていくことが予想できます。

 

 

では、以前からあったように家庭教師を雇って家に来てもらう形態になるのでしょうか。

 

 

家庭教師に払う交通費が無駄なものですし、「子供と家庭教師だけで家に残しておくというのも……」というお考えになる方もいらっしゃるでしょう。

 

 

そもそも、今までも家庭教師という形態も塾という形態もあって、塾という形態がなくなっていないのですから、ただの家庭教師の形態がいきなり隆盛するということは考えにくいです。

 

 

しかし、家庭教師のデメリットだったものの多くがオンライン化にしたことにより緩和されています。

 

 

そのため、『使わないことがデメリット』というような学習サービスになりつつありますので、そうなってくると話は別です。

 

 

塾や家庭教師を営んでいる会社の多くもコロナ対策としてサービスのオンライン化をやっていますので、有用性に気づいた人の数が増えてきています。

 

 

そして、オンライン家庭教師サービスの利用者が増えてくると、必然的に学習サービス業界がそういう顧客のニーズに合わせたものへとシフトしていくことになります

 

 

これが子どもの『学習環境の変化へと繋がっていく』といっている根拠です。

 

 

そして、その過渡期とも言える『今──現時点』においては、オンラインのメリットを享受したかどうかが有利不利を生む状況であるため、このサイトの記事を読んでくださっている皆様には、ぜひその『有利』をお子さまに与えてあげてほしいと思っています。

 

 

もともと学習業界も、ここまでサービスのオンライン化を推進しようとしていたわけではありません。

 

 

しかしコロナ禍をうけて、各社生き残るために非接触で自分たちのサービスを提供できる方法を模索せざるをえませんでした。

 

 

その結果が、オンライン事業の推進です。

 

 

そして、そうやって生み出されたサービスは、利用者側に新しい『気づき』と『選択肢』を与えました

 

 

オンラインで授業が受けられることにより、今まで当たり前のものとして受け入れられていた『無駄』がどんどん洗い出されていきました

 

 

サービスが洗練されていった先には、無駄を省いて生み出した時間をさらに有効活用しようと考える人が次々に出てきます

 

 

特に合否──すなわち『勝ち』と『負け』しか存在しない受験戦争において『学習環境の差によるゲタ』は非常に魅力的ですので、目端が利く人ならばそのメリットを無駄にしたりはしないでしょう。

 

 

なぜなら、万民に平等に与えられているものの一つが24時間という『時間』なのですから。

 

 

その『時間』を生み出せるというのは、言うまでもなく非常に魅力的なことです。

 

 

生み出された『得られるはずのなかった時間』は、なんにでも使うことができます。

 

 

それゆえに、この流れはもう止まらないのです。

 

 

ですから、より有利な環境で戦うには『より早く』、そしてまだ受験前だとしても余分に得られる時間などは魅力的だと思います。

 

 

それゆえに私は、『オンライン家庭教師』を強く推しているのです。

 

 

 

 

ページ上部へ移動