オンライン 家庭教師 中学生

中学生のオンライン家庭教師はこう選ぼう!

オンライン家庭教師 中学生 イメージ01

中学生というと、『勉強のやり方』をきちんと覚えられたかどうかの差が大きく出る年ごろです

 

きちんと『勉強のやり方』を身に着ける子もそれなりの割合で出始めるので、勉強ができるできないに二極化し始めます。

 

ただ、この年代の差はまだ学力の差とは言い難いでしょう。

 

もちろん結果としての学力の差は出ていますが、突き詰めるとそれは『正しい勉強のやり方』で『きちんと勉強をしているか(学習を積み重ねているか)』いるかどうかの差なのです。

 

まだ、この年頃の勉強内容は一般的には基礎学習の終わりがけという時期ですので、本当の意味で学力の差がつく段階ではないからです。

 

だから、この時期は『子供がどの段階にあるのか』をきちんと見極めることが大事になってきます。

 

 

オンライン家庭教師とオンライン塾──中学生はまだオンライン家庭教師!

もし、すでに『正しい勉強の仕方』を身につけられているならば、その子は自力で学習する方法を身につけているし自分のペースというものも把握できています

 

その場合は、強制的に学習させるのではなく、その子が理想とする学習環境──

 

@わからないところがわかるから、その部分だけを聞ける学習環境があればいい。

 

A自分はどうも一人で勉強するのは性格的に向かないから通塾する学習塾スタイルが合う。

 

B学習方法まで考えるのは自分はメンドウ。だから、家庭教師に学習計画は任せて自分は覚えることと問題を解くことに集中したい。

 

などを与えてもいいと思います。

 

意外に思われるかもしれませんが、学校の勉強だけでなくありとあらゆる学習には向き不向きという『個性』が出ます

 

そして、個性ゆえにどの方法が正解ということはありません。結果がついてくれば、それがその人にとっての正解になります。

 

一般論としては無駄を省き合理化した手段が正解ということになるのですが、一個人にスポットライトを当てると正解というものはなくなるのです。

 

ただし、これはすでに『正しい勉強の仕方』を身につけられている子の場合の話になります。

 

もし、まだであればこの時期に『勉強の仕方』を確実に学習しておく必要性があります

 

高校生以降の学習では、この『正しい勉強』ができるかどうかで、今度は厳然とした学力の差が出てしまうようになるからです。

 

高校生以降の学習では、小〜中学生の時期に身につけたものを下敷きとして、応用編とも言える学習に入っていきます。

 

なので、もしこの段階で『正しい勉強の仕方』と『基礎学力』が身についていないと、その後は何を聴いても勉強しても理解できなくなってしまいます。

 

そして、高校生の段階で『正しい勉強の仕方』から覚えようとしても、目標を大学受験に見据えたときには時間が足りなくなってしまうのです。

 

したがって、もし中学生のこの時期にまだ『正しい勉強の仕方』が身についておらず、『基礎学力』に不安が残っているならば、早々に解決しておくことが重要になります。

 

目先のテストの点数よりも、この『正しい勉強』ができるようになっているかどうかの方が大事な時期です。

 

『正しい勉強の仕方』をまだ覚えていないようであるならば、オンライン家庭教師などを利用しつきっきりでその子一人にカスタマイズされた授業をするなどして、勉強の仕方を高濃度で学ばせることがもっとも有効な問題解決手段になると思います。

 

中学生の学習で大事なことは、『勉強のやり方』をきちんと知っておくこと

学習内容も大事だけれど、勉強のやり方はこの年齢であればきちんと学んでおきたいという話をしてきました。

 

自分に合った『正しい勉強の仕方』を知ってそれを実践し、はじめての受験に臨み成果を出すという経験を積む時期が中学生という時期です

 

もちろん高校受験というハードルを初めて飛ぶ時期と言うこともできますが、学歴という意味では途中のハードルに過ぎません

 

もちろん、最終学歴を中学とする方、高校とする方もおられると思いますが、多くの方が最終学歴は大学を目指されると思います。

 

その場合においては、やはり高校受験は途中のハードルと認識しておかねばならないのです。

 

なので、大学を目指す上での高校受験の立ち位置とは、大学受験でより有利に戦うために高密度の学習を受けられる環境を獲得する作業ということになるのです。

 

したがって、子供にとって高校受験という目先の戦いはビッグイベントであることは疑いようのない事実なのですが、ご両親にはその先も見据えた認識を持っていただき、今この子に何が必要か──という視点で導いてあげられれば、その子にとってのベストな結果へと繋がっていくことでしょう。

 

現状を無視した無理を押し付けても、決して結果にはつながらないのです。結果は必ず、積み上げたもの上に舞い降ります。

 

高校受験を蔑ろにしてもいいという意味ではなく、大学受験という本番を迎えていない時期だからこそ、あえて下から着実に行くことが重要なのです。

 

よって、大学受験までを想定したうえでの中学生期におけるもっとも大事なことは、確実に『基礎学習』を終えられるようにしておくことと『正しい勉強の仕方』をマスターしておくことだと言えるのです。

 

勉強の『やり方』を覚える最良の方法は、勉強ではなく勉強の『やり方』を教えてもらえる環境に身を置くこと

『やり方』を覚えることの重要性を説明してきましたが、高校受験も大事な本番の一つには違いありません。

 

ただ、これまで大学受験を本番としたときに中学生期は基礎をきっちり固める時期だとご説明したように、高校受験に備えるならば大事になってくるのは小学生期になってきます。

 

小学生期に基礎を固めて、中学生の段階で受験に特化した勉強に耐えられるようにして時間も費やすからこそ『戦う高校受験』もできるのです。

 

だからこそ、ご両親が子供の段階をきちんと見極めることが重要になってきます。

 

高すぎる目標だけを親が提示することは、子供のためには絶対ならないでしょう。

 

きちんと『方法』を身につけさせ積み上げられるだけの時間を確保してやることが、『本番にもっとも勝率の高い準備』になるのです。

 

だからこそ、まだ『正しい勉強のやり方』がわからない子には、なによりも『正しい勉強のやり方を教えてくれる環境』を用意してやることが最良の学習へと繋がっていくと言えるのです。

 

 

中学生にオンライン学習をさせるときに気を付けたいこと

小学生のオンライン家庭教師はこう選ぼう!』で『小学生の勉強では勉強内容だけでなく勉強のし方を含めたくあらゆる『わからない』『わかっていない』を放置しないことが重要』とご説明しました。

 

中学生では、これがもう少し深刻になっています。

 

放置せずに解決できていれば何も問題はないのですが、中学生まで放置してしまっていた場合、基礎学習の段階においても『基礎を組むための基礎』とでもいうべき部分が組みあがっていないために、上に積めないという状態になっています

 

建物の基礎でも鉄筋をきちんと組んでからコンクリートを流し、上に建屋を載せられるようにします。

 

レンガの壁でも、もし一番下のレンガをガタガタに組んだらどうなるでしょうか。さらに上に積むことなどできなくなります。

 

だから、とにかく『基礎学習』はきちんと進度に合わせて学習できているか。『正しい学習方法』は身についているか。

 

これを見てあげられることが、中学生期の子供には大事になってきます。

 

よって、中学生にオンライン学習をさせるにあたって気を付けたいことは、『子供に任せっきりにしない』です

 

もう大きいのだからと『任せ』てしまいがちですが、これは『任せる』ではなく『投げる』です。

 

中学生期は難しい時期ではありますが、学習においても『まだ任せられない』という前提で徐々に慣らしていくことが、結果として子供の成長を助けます。

 

学習における基礎固めがされていっているかといった『過程』を親がきちんと把握することが、子供を導く力になっていくのです。

 

中高生というと自我に目覚め人格が形成されていく時期ではありますが、親は一歩離れて大きく見ることが子供の学習計画においても重要です。

 

つまり、『過程』を把握し続ける──これが大事な時期だと言えます。

 

中学生につけるオンライン家庭教師は、具体的にどこがおすすめなのか?

子供の段階によって、おすすめできるサービスが変わってきます。

 

なので、いくつかカテゴライズをしておすすめのサービスを上げてみます。

 

まだ勉強の仕方がわかっていない

家庭教師のしろくま

 

家庭教師のしろくま個別解説ページリンクボタン

 

生徒一人一人のつまづきを放置しないで、寄り添ってつまづきをつぶしていくという方針です。褒めてやる気と成績を伸ばしてくれます。

 

すぐさまの結果ではなく、まずは『勉強する』ということを学ぶ必要があります

 

その段階においては、つまづきを放置せず寄り添って、褒めてやる気と成績を伸ばす方針の『家庭教師のしろくま』がおすすめです。

 

もうある程度自分の『正しい学習スタイル』がわかっている。そして、先を見据えてさらに『勝てる』勉強がしたい!

e-Live

 

e-Live個別解説ページリンクボタン

 

『正しい勉強の仕方』『基礎学習』といった中学生期に押さえるべき部分を押さえ終わっている子供がさらに上を目指したいと言ったときに使えるサービスです。

 

受験のように『勝たなくてはいけないイベント』に勝つための勉強も教えてくれます。

 

受験は学問ではなく競争です。試合なのです。

 

なので、勉強する目的から変わってきます。勝つためにやるもので、勝てなければ意味がありません。

 

ここにおける『勝つ』とは1位になることではなく、志望する学校に最下位でもいいから食らいつき通過することです。

 

したがって、実際に勝った先輩たちから勝つための方法が学べるe-liveという学習システムは『勝つ勉強』を学びたい人にはおすすめできます

 

オンラインでも他人と対面し続ける家庭教師はイヤだ!

ネット松陰塾

 

ネット松陰塾個別解説ページリンクボタン

 

こちらはオンライン塾なので、どうしても最初からある程度の『自主性』を求められます。

 

しかし、このオンライン塾の掲げるショウイン式学習法は基礎学力を育み、自らの意思で勉強する『スタイル』の学習法なので、これから勉強を知っていかなくてはならない段階でもおすすめできるオンデマンド型学習サービスになります。

 

まとめ

中学生の学習では何が大事なのかを話してきました。

 

『正しい勉強の仕方』と『基礎学習』をこの時期に確実に身につけられているかどうかで、高校生で選べる選択肢が変わってきます。

 

自我に目覚め人格が形成されていく難しい時期ではありますが、この時期をどう過ごせるかが学習においても重要な分岐点になってきます。

 

なので、子供の学習状態を『過程』で把握し導いてやれるかどうかというのが重要なポイントとなる時期なのです。

 

オンライン家庭教師を含めたオンライン学習を中学生の子供に宛がう際にも、これは変わりありません。

 

この記事が、あなたのお悩みを解決る一助になれば幸いです。

 

 

次記事→ 【オンライン家庭教師】オンライン学習の選び方 高校生編【オンライン塾】

トップページに戻る