塾 代 助成

塾代助成カードって、そもそもなんだ?

大阪市塾代助成カードは、大阪市が行っている大阪市塾代助成事業が発行しているカードです。助成事業に登録された──学習・文化・スポーツに関する事業者の授業やレッスンを大阪市在住の中学生(養育者とその配偶者の所得により利用制限あり)が受ける際に使うことができます。

大阪市塾代助成事業 利用イメージ

子供の学力が親の所得が関係しているというデータは、すでに出ています。

 

そこで、子育て世帯の経済的負担を軽減するとともに、こどもたちの学力や学習意欲、個性や才能を伸ばす機会を提供するため、一定の所得要件を設け、市内在住中学生の約5割を対象として学習塾や家庭教師、文化・スポーツ教室等の学校外教育にかかる費用を月額1万円を上限に助成する事業が立ち上げられました。

 

ようするに、助成要件を満たしてカードの発行を大阪市塾代助成事業に申請すると、月額1万円を上限にして助成事業に登録されている事業者のサービスを割引してもらえるということです。月額が1万円に満たないサービスであれば、無料になります。

 

これは、親の所得によらず子供に機会が均等に与えられる制度で、もし使えるならばぜひ使ってもらいたい制度です。学習費用の負担を大きく軽減できるでしょう。

 

この制度によらず、助成金というものは公にされている制度であり、使用することにためらう必要はありません。少々言葉悪く言うならば、『勉強して知っている者が得をする。それが助成金という制度』なのです。使えるならば、積極的に使っていきましょう。

 

基本的に対象年齢の子供がいるご家庭には、事業所から申請書が届いていると思いますので、助成対象のご家庭の場合はそちらからお申し込みできます。対象者がいるにも関わらず申請書が届いていないような場合は、下記に連絡すれば申請書を送ってもらえます。

 

大阪市塾代助成事業 連絡先

 

書き方などはこちらから詳しく見ることができますが、はっきりいって分野外の人には難解なので、いきなり上記の事務局に連絡して聞く方が間違いないと思います

 

 

大阪市塾代助成カードで申し込める家庭教師・学習塾はこれだ!

事業開始当初は参加事業者が集まらずに、この塾代助成事業は失敗と言われていました。

 

しかし時は流れ、2018年夏の段階ではすでに参加事業者の数は2500を超えており、当然助成金名にもなっている学習塾の選択幅は相当なものになっています。

家庭教師は こちら
学習塾は こちら
オンライン学習は こちら

 

オンライン学習のすすめ

すでに申し込みたい学習サービスがある方は、上記のリンク先にある各ジャンルの登録事業者のなかに間違いなくあることを確認したうえで、各学習サービスに連絡を取っていただければ大丈夫だと思います。

 

しかし、まだお決めになっておられないならば、一度オンライン学習というものをご検討いただければと思います。

 

なぜ、オンライン学習を選ぶべきなのか────

 

それはこちらでご説明しています。オンライン家庭教師の時代ということで書かれていますが、今の時代におけるオンラインの有用性という意味においては、オンライン家庭教師もオンライン塾も変わりありません。

 

要は、無駄を省き、誰もが平等に有限な時間を有効に活用しましょうということです。子供たちの安全性も確実に増すので、本当におすすめできます。

 

ちょうどe点ネット塾などは、この大阪市塾代助成事業に登録しておりますので、従来の通塾するタイプの学習塾や来訪してもらうタイプの家庭教師だけでなく、オンラインタイプの学習に目を向けてみることを強くおすすめいたします。これからの時代の学習方法を考えるとオンラインを検討しないという選択肢はありません。

 

e点ネット塾 解説ページへ

 

まとめ

大阪は大阪維新の会が子供への投資に力を入れているので、こういった助成金制度を活用できます。

 

この塾代助成にしても、大阪市在住の中学生の約5割が利用でいるように設定されており、多くの家庭で助けとなることでしょう。

 

これを利用しない手はありません。

 

そして、せっかく使うならば、より効率的に使われた方がよいでしょう。

 

此度は、大阪市塾代助成カードを申請して学習サービスを検討されている皆様に、昨今の状況を加味した今後の学習スタイルをご紹介させていただきました。

 

もし、まだ『コレ』とお決めになっておられないのであれば、一度オンライン学習もご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

トップページに戻る