オンライン家庭教師 オンライン塾 違い

オンライン学習には、家庭教師以外にも塾という選択肢もある

【オンライン家庭教師とオンライン塾の違いは?】

 

 

この分類方法は、私のサイトにおいて学習サービスの種類を区別するためのものです

 

(オンライン家庭教師)
カメラやマイクなどを使用して双方向性のある情報通信をすることにより、家庭教師と生徒の物理的距離にとらわれず、あたかも真横で指導しているかのような学習サービスを提供する

 

(オンライン塾)
オンデマンド方式のように、すでに撮影が完了しストックされた膨大な学習動画を有料で提供する形の学習サービスです

 

この記事は……

 

「ストックされた動画を見ることができるとっても安い学習サービスがあるんだけど、子どもにやらせてみようかしら」とお迷いの方

 

におすすめの記事となっています。

 

 

昨今のオンライン学習というと、ネット技術の進化によって情報の『双方向性』────いわゆるコミュニケーションというものが重視されます

 

 

身を運ぶことなく、自宅にいてもネットを使って『対面授業を疑似的に再現できるのか』ということです。

 

 

これを可能にしたものが、いわゆる『オンライン家庭教師』というものになります。

 

 

昨今では、このシステムを下敷きに塾の集団授業も『双方向性』で行おうとする塾も出始めていますが、まだ現時点ではこのシステムは主流ではありません。

 

 

では、『オンライン塾』とは、どういうものか。

 

 

基本的に、『オンライン家庭教師』に至るひとつ前の段階の『オンライン学習の形』だったと言えます。

 

 

オンライン家庭教師-オンライン塾

 

 

『オンライン塾』は撮った動画をコンテンツとして蓄積し、コンテンツ化した動画を有料で生徒に提供するというサービスです

 

 

これを聞いて、「オンライン塾なんて言うからどんなものかと思ったら……」と、そう思われた方もおられるかもしれません。

 

 

しかし、少々お待ちください。

 

 

確かに『オンライン家庭教師』の方が新しいシステムですし、塾形態でもこれができないかと模索されています。もちろん現状では、メリットも『オンライン家庭教師』の方が多いと思います。

 

 

しかし、現状の『オンライン塾』という形態も決して捨てたものではないのです。

 

 

そこで、『オンライン塾』のことも少し詳しくお話しておこうと思います。

 

 

 

 

オンライン塾の学習形態

 

このサイトではオンライン塾を、『一方的に情報の受け渡しが行われるオンデマンド方式のような形態のオンラインサービス』とします

 

 

『撮っている』あるいは『撮られた』授業を一方的に送信することにより提供しているような形態の学習サービス……としてもいいかもしれません。

 

 

学習内容は撮影した動画の内容ということになり、生徒側には視聴する動画を選ぶという自由しかありません

 

 

あとで問い合わせることができるサービスが用意されていることが多いですが、少なくとも動画を見ながらその場で質問ということはできません

 

 

つまり分かりやすく言うと、オンライン塾とは生徒による動画視聴という学習形態を有料サービスとして提供している学習サービスと言うことができると思います。

 

 

オンライン家庭教師にあるような双方向性のコミュニケーションはなく、動画の視聴という一方通行な知識の伝授がオンライン塾では行われるということです。

 

 

学校の授業で、先生がしゃべっているのを生徒は黙って聞いているという『日本的な学校の授業』のような形の学習サービスだと思っていただくのが一番理解しやすいのではないでしょうか

 

 

もっとも、実際は各社ともに工夫を凝らしております。

 

 

たとえば、先ほど『あとで問い合わせることができるサービスが用意されていることが多い』と申し上げたように、決まった日や時間にメール・ライン・TV電話などを通じてのサポートがあるようなサービス形態もあります。

 

 

なので、今日日のオンライン塾は厳密には『一方行からの情報の提供しかない』という形態は少数派になりますが、仕組みの核の部分を双方向にしているか一方行にしているかでオンライン家庭教師とオンライン塾を便宜的にわけて考えると、我が子に与えるのに適したサービスか否かという判断はしやすいかと思います。

 

 

情報の双方向性

 

 

ありオンライン家庭教師

 

なしオンライン塾

 

 

 

オンライン塾がオンライン家庭教師に劣る部分

 

オンライン家庭教師-オンライン塾×

 

 

やはり、この情報の『双方向性』というのは指導をする上では非常に重要な要素となってきます

 

 

リアルタイムで相手の手元や表情、発される言葉を拾えるならば、対面で指導するのとほとんど差がない状態で授業が行えます

 

 

教えるにせよ、教えてもらうにせよ、それほど大きな不都合は感じません

 

 

もちろん、まったく不都合がないというわけではなく、『ほぼ問題ない』あるいは『解決しようと思えば技術的に解決できる不都合である』という意味においての『大きな不都合はない』という説明です。

 

 

しかし、オンライン塾では常時情報の双方向性があるわけではありません

 

 

オンライン塾を双方向性のサービスになるようにしたものがオンライン家庭教師ですので、オンライン塾には常時の双方向性はありません。

 

 

ここが、オンライン家庭教師に対してオンライン塾が劣る部分と言えるでしょう。

 

 

オンライン塾がオンライン家庭教師に勝るケース

 

オンライン家庭教師-オンライン塾〇

 

 

では、オンライン家庭教師にオンライン塾は絶対に及ばないかと言われると、そんなことはありません

 

 

オンライン塾のサービスの方をおすすめしたいケースもあります

 

 

では、それはどんな時なのか。

 

 

3つのケースをご紹介しようと思います。

 

 

生徒が自分なりの勉強方法を身に着けているケース

 

オンラインになって従来よりは費用が安くなったといっても、家庭教師のような個別学習システムは、やはり費用は高額になりがちです。

 

 

その一方、オンライン塾のようなシステムであれば、比較的安価にサービスを提供することができます

 

 

しかし、ただ安いからオンライン塾の方でいいのだという訳ではありません。

 

 

なぜなら、多くの子供たちは勉強が好きではありませんし、勉強の仕方もわかっていません

 

 

そういう子供たちには、やはり家庭教師のような個別学習指導ができるシステムの方が向いています

 

 

しかし、すでに勉強する癖がついている。自分なりの勉強の仕方ももうすでに身に着けている────などという場合においては、高額なオンライン家庭教師を選ばなくとも、オンライン塾の方で十分であるケースもあるのです

 

 

オンライン塾でも、現実には完全な『一方通行のサービス形態』ということは稀です。

 

 

メールや、オンライン家庭教師のように常時ではないものの双方向のコミュニケーションがとれる時間を設けているところが多いです。

 

 

なので、『わからない部分を自分で把握できていて、適切に聞くことができる』というところまで子供が学習スキルを身に着けている場合は、こちらを選択した方がより『学習方法の自由度』があがるという見方ができるケースもあります

 

 

部活などで本当に忙しく、オンライン家庭教師ですら時間調整が難しいケース

 

従来の家庭教師にさまざまな便利を加算したオンライン家庭教師ですが、それでも多少は生徒の時間を縛ります。

 

 

先生との間で時間調整はしなくてはいけないので、『完全な自分ペース』で勉強を進めるという訳にはいきません。

 

 

たとえば、強豪校の部活動に参加しているようなケースでは、とにかく時間の自由がないという状態の子どももいると思います。

 

 

あるいは、他になにがしかの理由があって、とにかくもっと自由が利くならそうしたいと希望される方もおられるかもしれません。

 

 

そういった方には、オンライン塾の方もご検討いただいた方がよいと思います。

 

 

『自由であるぶん自分でやらなくてはいけないことが増えます』が、訪問型の家庭教師よりもずっと時間に縛られなくなるオンライン家庭教師よりも、オンライン塾はさらに時間に縛られなくなります

 

 

無駄な時間を極力省いて、もっとも自分ペースで勉強できるという点においては、オンライン塾の学習形態は一番適していると言えるでしょう。

 

 

不登校問題

 

不登校の問題を抱えている子どもにもオンライン塾の学習形式はおすすめできます

 

 

問題の一部を解決できるからです

 

 

もちろん、不登校という問題はいつか問題を根本的に乗り越え克服していく必要はありますが、そんなに簡単に解決するほど不登校の問題の根は浅くありません。

 

 

まず、人を信じられなくなっているし、怖いのです。

 

 

ですから、通常の学習はしづらい状態だと言えます。

 

 

しかし、せめて学習の進捗状況だけでも遅れないようにしておけば、のちのちの身動きがしやすくなるでしょう。

 

 

そういった時に便利使いできるのがオンライン塾形態の学習サービスです。

 

 

オンライン塾は動画の視聴が学習のメインです。

 

 

直接のコミュニケーションを取らなくていいぶんワンクッションありますので、不登校の問題を抱えている子どもだとむしろ有効なツールになる可能性が高いのです。

 

 

今のオンライン塾の動向は

 

厳密にいうと、『双方向性のコミュニケーションが取れるオンライン塾』というものも出てきています。

 

 

ただ、サービスのベースが『家庭教師』システムなのか、『塾』システムなのかという部分ではっきりとしており、これがオンライン塾の進化する方向だろうと見ています。

 

 

ここからもおわかりいただけるように、サービスのベースがどうあれ、流れは『オンライン化』という状態なのは変わりありません

 

 

現時点ではまだ画面越しのコミュニケーションに疑問を持たれているという方もおられるとは思いますが、今の技術ならやろうと思えばやれるというのは、もうはっきりと結論が出ています

 

 

今までは、真剣に力が振り向けられていなかったから中途半端なサービスが提供されていたにすぎません。

 

 

しかし、日本においての勉強は、過程ではともかく最終的には『勝つ』ことを必ず求められます

 

 

向かう先が、ほぼほぼ『受験戦争』だからです

 

 

だから、『勝てる』ようにならなくてはなりません

 

 

哀しいことではありますが、この日本において学習とは学歴をつけるためのものであり、学歴をつけるということは『誰かに勝つ』ということだからです。

 

 

良い悪いは別の話として、現実的にそのための勉強となっています

 

 

なので、無駄を無駄のまま放置するということは、それだけで足かせをつけるということに他なりません

 

 

だから、学習『競争』においても『オンライン化が有効』とわかってしまった今、この流れは必然と言えるものではないでしょうか。

 

 

なので、この先は『オンライン化』を軸にした進化が加速していくと思います

 

 

まとめ

 

これからのキーワードは『オンライン』。

 

 

オンラインビジネスは突然出てきたものではありませんが、社会の変化から見ても、これから先を考えるともう外せないサービスとなっていくというお話をいたしました。

 

 

教育の分野においてもこれは例外ではなく、すでにオンラインの有利性を多くの方が感じて恩恵を受けています

 

 

だから、学習の世界でも『オンライン化』は進んでいくことが予想できています。

 

 

しかし、現状『オンライン家庭教師』と『オンライン塾』という学習形態にオンライン学習サービスはわかれています

 

 

いずれのオンラインサービスでもまず間違いなく時間を有効利用できるので、そこからオンラインサービスを使っていない人に差をつけることができます遅い時間に子どもを外出させなくてもよいというメリットも出てきます

 

 

その他にも様々なメリットがありオンライン化へと進まないという未来はもうないだろうと考えられますが、それでもいま現時点では『オンライン家庭教師』と『オンライン塾』のどちらを選ぶべきかということはよく考える必要がある状況になっています

 

 

学習のオンラインサービスでもっとも費用が掛からないのがオンライン塾という形態のサービスになりますが、オンライン家庭教師に比べて子どもの『自主性』がかなり必要になるため、どうしてもサービスをおすすめできるタイプの子どもは限られてくるのです

 

 

ただし、その限られたタイプの子供には『非常に魅力的な学習サービス』であると言えるでしょう。

 

 

ですから『オンライン塾』は、こういうタイプのオンラインサービスもあるのだと知っておくと損はしません。

 

 

より多くの選択肢の中から、我が子に学習環境を与えることができるようになります。

 

 

 

【参考】
オンライン家庭教師をすすめる理由をもう少し詳しく知りたい!
→ オンライン家庭教師をおすすめする理由

 

オンライン家庭教師選びで注意したいことが知りたい!
→ オンライン家庭教師の選び方──6つの注意点

 

オンライン家庭教師のメリット・デメリットについて詳しく知りたい!
→ オンライン家庭教師 2つのデメリットと7つのメリット

 

おすすめのオンライン家庭教師が知りたい!
→ 家庭教師もオンラインの時代

 

 

 

ページ上部へ移動